医師になら知っておく事

不幸にして医療過誤を起こしてしまった場合、新聞やテレビ等のマスコミで大きく報道されます。開業医ならば、クリニックの評判は一気に地に落ちますので、閉鎖を余儀なくされることもあります。

医師としては、世間からの非難は大変つらいものがありますが、これはあくまでも「社会的責任」の追求であって、法的には民事責任、刑事責任、行政責任が問われることになります。

民事責任:民事上の損害賠償責任のことです。責任を果たすためには、必ずしも訴訟判決を経る必要はなく、当事者間で話し合いの場を持ち処理することもできます。

法的性質には、「債務履行責任」と「不法行為責任」があります。ひとつめの債務不履行責任とは、債務者が契約によって課せられた義務を全うしないために発生する責任のことです。医療過誤の場合、診療契約によって、医療施設の開設者が患者に負う債務を履行しなかったことになります。

この責任は、契約当事者間(医療施設の開設者と患者)にしか発生しませんので、医療機関に雇用される医師は、患者に対してこの責任を直接負いません。

もうひとつの不法行為責任は、過失によって違法な行為を行って他人に損害を発生させたことにより生じる責任です。原則として、金銭による損害賠償となりますが、契約関係は必要としないので、先に述べた債務不履行責任とは異なり、医療に携わった現場の医師も責任を負うことになります。

実際の医療過誤をめぐる訴訟では、この債務不履行責任と不法行為責任の一方または両方が追求される可能性があるため、①医療機関の開設者だけが被告となるケース、②開設者と医療従事者(医師・看護師等)、③医療従事者だけが被告になる3つのケースが考えられます。TOPページでも触れたのですが、近年の訴訟傾向としては、患者側が賠償金の満額を確実に受け取るために、医療機関の開設者に加えて、勤務医も共同被告として訴えるケースが増えてきています。

刑事責任:刑罰法規に規定されている犯罪を行ったため、刑罰を課せられる責任です。ここでは刑法211条1項前段で規定されている「業務上過失致死罪」が問題となりますが、医療過誤では、よほど悪質でない限り、刑事裁判になることはありませんし、そこまで発展したとしても、罰金刑か執行猶予が言い渡されるケースががほとんどです。

なお、手術の際に産婦を死亡させたとして、産科医が業務上過失致死と医師法違反の容疑で逮捕された「福島県立大野病院事件」が有名ですが、この事件では逮捕自体に大きな疑問があるというのが医療側の一貫したコンセンサスとなっており、実際に産科医は無罪が確定しています(2008年)。

行政責任:自動車事故を起こしたドライバーが免停・取り消しなどの行政責任を負うことがありますが、医療過誤の場合も同様に医師は行政責任が追及されることがあります。医師法では、①罰金以上の刑を課せられた場合、②医事に関して犯罪、不正行為があった場合、③医師の品位を損ねた場合、のいずれかに該当した場合、厚生労働大臣が「戒告」「3年以内の医業停止」「免許の取り消し」の処分を行なうことができる旨が規定されています。

ただし、処分の一切を厚生労働大臣が独断で行えるということではなく、医師法では、諮問機関である「医道審議会」の意見を聴いてから、処分を行うこととしています。また、処分を受ける医療側には弁明の機会が与えられています。

なお、刑事責任に問われたからといって、必ずしも行政処分に該当するというわけではありません。逆に、刑事責任に問われなかったとしても、行政責任を問われたケースもあります。

名古屋市千種区の医療関係法務の蜂須賀法律事務所
http://www.hachisuka-law.jp/

インテリアに関するお役立ち情報

押入れの湿気対策方法
押入れは、湿気がこもりやすく、カビやダニが発生する原因になります。湿気を防ぐためには、底に新聞紙をしき、その上に、すのこをおきます。さらに除湿剤を置いておくと効果的です。
天気の良い日など、時々ふすまを開けて、換気をしてやりましょう。

除湿機
たっぷり除湿し、何度でも使えます。コンセントに差して中の水分を乾燥させれば何回でも繰り返し使える、省エネ・エコロジーの除湿機。押入れやクローゼット、下駄箱など場所を選ばず使えます。
ほこりをたてずに玄関掃除
玄関は、砂やほこりなどの汚れがあるため、掃除をしようとすると、ほこりがまってしまうことがあります。せっかく掃除しても、まったほこりで別のところを汚してしまうなんて嫌なものです。そんな時は、新聞紙を使います。
新聞紙を適当な大きさにちぎり、水にぬらして床にちらしておきます。そして新聞紙ごとほうきで掃いてやると、ほこりがまわずに掃除ができます。
下駄箱の臭いを取る方法
下駄箱からの臭いは、何とも気になるところの一つです。靴のお手入れをまめにしていても、臭いがついてしまうことがよくあります。そんな時は、脱臭剤を使えば解決できますが、脱臭剤の代わりにお茶の出し殻やコーヒーの出し殻でも効果があります。

床のキズ補修
床のキズは大きいものから小さいものまで、ある程度の大きさであれば“フローリング用のキズ補修材”で補修することができます。今回は上の写真のような落下によるキズを補修します。
フローリング用のキズ補修材には様々な色があります。フローリングの木調に合わせて色を選ぶようにしましょう。今回は上の写真の中央の茶色いスティックを使います。※色はやや濃い色を選びましょう。
通常は上記のようにキズを擦ることで修復を行います。多少のすり傷や引っかき傷であれば、このような簡単な修復で十分です。今回の傷はやや深いということから、少し工夫をした修復を紹介します。
使用するものはライターです。※ライターは点火用の柄の長いライターを使用すると便利です。このような作業を行う専用の電気ゴテも販売されていますが、ライターがあれば十分作業を行うことができます。※火を扱うことから、火傷には十分注意しましょう。
ライターでスティックを溶かします。スティックをライターで炙ると簡単に解けます。これはフローリング用キズ補修材の主材料が“蝋(ワックス)”であることに由来しています。このような蝋(ワックス)を溶かして楽屋や床を修復する方法は非常に一般的な修復方法なので、安心して作業を行いましょう。
溶かしたフローリング用修復材ですが、当然このままでは熱く危険なので1~2分冷めるのを待ってから作業を行います。※冷めていない状態では上の写真のように表面に艶があります。
フローリング用修復材が完全に冷めると、上の写真のように全体的に艶がなくなります。※軽く触れてみて硬いようであれば、作業を進めましょう。
樹脂製のクレイパーを使用して、フローリング用補修材を剥がすように削りましょう
フローリング補修材を削り表面を平らにしたのが上の写真です。表面は平らになったのですが、触ってみると蝋のザラザラとした感じが残っています。
布やティッシュペーパーなどを使用して床とフローリング用補修材を磨きます。
軽く拭き取るように擦ると床に艶が出てきます。※あまり強く擦ってしまうとフローリング用補修材が削れてしまいますので、軽い力で丁寧に拭き取るようにしましょう。
ローリング用補修材の色が若干強いことから、薄めの補修材を使って色調を修正します。※色の修正は専用のペンなども販売されています。
フローリング用補修材で補修した箇所はワックスをかけることも可能です。

ムートンの汚れ落とし
ムートンは毛先が汚れやすく、デリケートな素材のため手入れも苦労します。ムートンを手入れするには、シャンプーとリンスが効果的です。ぜひ試して見てください。

クロスの壁掃除の裏技
ビニールクロスの壁掃除の基本は、まずはたきでほこり等を落とします。そして固く絞った雑巾で水拭きします。又、特に汚れが目立つ所は住宅用洗剤をスプレーしスポンジなどでこすってやります。その後、水拭きをします。
落ちきれない汚れは、消しゴムを使います。消しゴムで汚れた箇所をこすってやれば、ほとんどの汚れを取る事が出来ます。

木製の家具に傷が付いてしまったときは、フローリング用の補修ペンでキズを隠す事ができます。又、クレヨンでも、きずを目立たなくすることができます。同色のものを用意しましょう。

愛知県岡崎市(名古屋)のインテリア・雑貨・家具のGOMANGOKU